環境・エネルギー材料工学研究室

研究内容研究内容

放射性セシウム除染に用いるゼオライトの開発

 東日本大震災の福島原発事故で飛散した137Csなどの放射性同位体が深刻な問題となっています。その除染に用いる物質としてゼオライトが注目されています。本研究は、その「汚染物質の回収」という緊急課題に対応するため、ゼオライトの中でもセシウムやストロンチウムに対して選択的吸着能力および陽イオン交換容量(CEC)が大きい材料の開発を行なっております。特に、Na-P1型人工ゼオライトは石炭焼却灰から安価に作製することができ、このゼオライトと磁性体微粒子との複合材料(磁化ゼオライト)の新しい合成法を見いだしており、福島の土壌に吸着したCsを磁化ゼオライトに移行させた後の磁選回収のプロセスを確立することが可能になりました。
 さらに、Na-P1型人工ゼオライトよりも選択的吸着能力の優れたモルデナイトについて人工合成を行ない、その磁性化や高機能化について研究を進めています。この研究は、農学部 松枝研究室との共同研究であり、福島のNPO法人の協力を得て現地実証試験を行っています。

<論文など>

<外部資金>

<新聞記事>

PAGE TOP